「せともの」が陶器を表す言葉になるほどの陶磁器産地である愛知県瀬戸市に瀬戸本業窯はあります。

瀬戸の地では古くから伝わる土の仕事、陶器製作を「本業」と呼び、磁器の仕事を「新製焼」といいます。
1800年以降、陶器から磁器の仕事へ転換する窯が多く今では「本業焼」を伝える窯はごくわずかです。
その本業焼を当時と変わらない姿で守り続ける窯が瀬戸本業窯です。

続きを読む