由緒正しき瀬戸の本業焼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「せともの」が陶器を表す言葉になるほどの陶磁器産地である愛知県瀬戸市に瀬戸本業窯はあります。

瀬戸の地では古くから伝わる土の仕事、陶器製作を「本業」と呼び、磁器の仕事を「新製焼」といいます。
1800年以降、陶器から磁器の仕事へ転換する窯が多く今では「本業焼」を伝える窯はごくわずかです。
その本業焼を当時と変わらない姿で守り続ける窯が瀬戸本業窯です。

本業窯では何人もの職人が一つの器を作る分業制がとられ、生み出された器に個人の銘もなければ窯の印もありません。
強く確かな形と、美しい陶土が瀬戸本業窯の印となっています

目次

  • 本業窯と民藝
  • 土地と繋がる
  • 変化しない本質、変化するアプローチ

本業窯と民藝

現在瀬戸本業窯は7代目の水野半次郎氏、後継である8代目の雄介氏によって支えられています。

いたるところに感じる事の出来る民藝思想は6代目が柳宗悦と出会うことにより形作られていきました。歴史ある窯が大量生産を優先し物づくりの本質を見失うなか、本業窯は民藝の教えに従い伝統を守ります。

6代目が民藝を根付かせ、そして7代目である水野総一郎氏は本業の文化を守ることに大きく貢献します。良い器はそれ自体の美しさもはもちろんの事、器が生まれる背景や環境も豊かである必要があります。

総一郎氏は瀬戸の様々な環境を整えることに注力し地域の活性化に成功しました。
眼前の物づくりだけではなく良いものが引き継がれていく環境にも目を向ける事は、伝統窯としての大切な努めであり民藝の本質の深い部分なのかもしれません。

土地と繋がる

瀬戸本業窯で使用される陶土や釉薬はすべて瀬戸の物を使います。
陶土は本業土と呼ばれ、丈夫さと美しさを併せ持った白い陶土。 釉薬も昔から瀬戸に根付く草木を原料として作られます。

今は昔と違い様々な材料が楽に手に入る時代になりました。 作り手が思い描いたデザインや色が場所を限定することなく生み出されます。しかし地場の素材からその土地で生み出される器はその地域、自然と繋がります。

素材に恵まれた良い環境から生まれるべくして生み出された器にはおおらかな強さが宿り、自然のようにゆっくりと時間をかけより洗練されていきます。

変化しない本質、変化するアプローチ

各地には伝統的で変わらない民藝と呼ばれる器をつくる窯があります。
それだけ柳宗悦のあたえたインパクトは大きく、脈々と生き続けているのだと思います。

しかし民藝は形や技法、テイストのみを表す言葉ではありません。 時代ごとにふさわしい「美」が存在し、「美」もまた形を変えていくはずです。

本業窯の器にはしっかりと時間の流れを感じることができます。
それは作り手の変化、形の変化、器そのものの変化など随所に見て取れます。

また、現在の8代目にあたる雄介氏は日々研究に余念がなく、古陶の復刻にも力を入れています。
一度はなくなってしまったものを現代にふさわしい形で生み出す事も、変化の一つの形です。

変えるべきではない本質と、時代に合わせたアプローチが瀬戸本業窯の強く美しい器の根源なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INFORMATION

大阪桜川のうつわやQuwan

 

12:00-18:00
CLOSE:Wed Thu

うつわやQuwan

〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川3丁目2-1新桜川ビル109
→Google Map

■大阪市営地下鉄千日前線、桜川駅4番出口徒歩1分
■阪神なんば線、桜川駅4番出口すぐ

TEL:06-7710-2060
MAIL:information@qu-wan.com
INSTAGRAM:utsuwayaquwan
FACEBOOK:@utsuwayaquwan

 

quwan


ONLINE STORE

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*